単行のカナリア

スプラトゥーン3のサーモンラン全ステージ野良カンスト勢です!

エペやスプラは「インスタントで明快な刺激から成る情報量の少ない娯楽」ではないような

俺はスプラトゥーン3サーモンラン全ステージ野良カンスト勢なのもあって新進気鋭の哲学者の本でゲーム(エーペックスとスプラトゥーン)について雑なことを書かれていて悲しかった。 『スマホ時代の哲学 失われた孤独をめぐる冒険』を読んでいて引っかかる箇所…

syrup16g tour 「Les Misé blue」大阪公演 @Zepp Namba 2022.12.3

syrup16gのライブに行ってきました。五年振りの新作アルバム「Les Misé blue」リリースツアーで大阪公演は三年振りとなるらしい。会場はZepp Namba。 新作『Les Misé blue』は凝ったアレンジや細やかな音作りのアルバムに仕上がっている。だからこそライブで…

チェンソーマンの八話を見た/イメソンバトルで『KICK BACK』に勝てない

99.99の無糖クリアユズ味を飲みながら米津玄師の『KICK BACK』を歌いながら書いている。 www.youtube.com 毎回アニメのOPを見ることはたまにあるが、アニメのOPを歌いながら見るのはこれで二度目だ。一度目はVaundyの『裸の王様』だが最終話付近で歌えるよう…

書いていることや考えていることのメモ

いま書いていることや気にしていることのメモ。 12月にスプラトゥーン3の大型アップデートがあるし、すでに読みたいマンガや見たいドラマがいっぱいなのでしばらくは書かれない。 ・大阪梅田駅近辺で「何の集まりなん?」と声をかけてくる年配の方と、京都烏…

Syrup16g『Les Misé blue』 全曲感想

Syrup16g『Les Misé blue』全曲感想。 結局、俺は「いい」を色んな言葉で言い換えているだけ。「いい」を余計なもので彩っているだけ。俺はたったいま酒乱で頭の中は治安が悪い地域の排水溝みたいになっていてそこに見つけた言葉をせっせと拾い集めてパッチ…

酒乱

酒乱でただのドキュン層(はSyrup16gの『深緑の Morning glow』から引用)がいっぱい生息している街で俺は暮らしていて当の俺も酒乱になって深夜徘徊することがたまにあって俺はうるさくないが人はうるさくて外から聞こえる深夜二時の酔っ払いの叫び声。聞き取…

多分、そう。

俺は布団ちゃんという配信者が大好きで、その布団ちゃんがニコ生時代に即興で弾き語りをした曲の「多分、純」という曲(福山雅治の『少年』のコードとサカナクションの『多分、風』という曲名を借用した)が好きで、それを秋山黄色がカバーした「多分、純」…

Syrup16gについて書こうとすると気持ち悪い文が書かれてしまう

酔っているときに書いたものは酔っていないときに読み返すと気持ち悪くて面白いのでやってしまう。 Syrup16gの『Les Misé blue』の全曲感想をコツコツと書いている。楽しい。いろんな言葉が溢れてくる。感傷や憐憫というような、お一人様専用の感情が迸って…

朝まで聞く うた

俺に必要だったのは、3mgの睡眠導入剤を飲んでも眠れなくてしんどくなってきて酒を飲んでしまってますます寝れなくなって後悔して運が悪いときはフラッシュバックしてさらに運が悪いとパニック発作になってついには朝焼けがカーテン越しに差しこんでさらにし…

友達みたいな言葉をもらった!

Syrup16gの『Les Misé blue』ですばらしいサウンド付きで友達みたいな言葉をもらった!もうずっと好きなバンドのニューアルバムで友達みたいな明け透けで冷たくて温かくてユーモアもあってシリアスでもあって適当そうで適当そうじゃないすばらしい言葉をもら…

『Les Misé blue』では『深緑の Morning glow』が一番好き

熟慮の末、『Les Misé blue』の曲のなかで『深緑の Morning glow』が一番好きという結論に至った。 いろんな表情を持っていてそのどれもがいいし、いずれも違う表情をしているのでそれぞれの表情が引き立っていい。ふざけた言葉遊びと琴線ド真ん中ストレート…

「人は一人逃れようもなく」の惑星から脱出したっぽい

五十嵐隆は宇宙服を手に入れて「人は一人」の惑星から脱出したっぽい。Mamaが「So lonely?」と聞かなくなったぽい。「ひとりの世界には仲間がいっぱい」の惑星に到着したっぽい。aloneでもlonelyではないっぽい。でも一曲くらいはaloneかつlonelyっぽい。 な…

近くや遠くで『Les Misé blue』が鳴っている

魔法のCD! ゆっくり少しずつといいなと思っている。繰りかえすたびにSyrup16gの『Les Misé blue』がよくなってきている。 近くや遠くで鳴っている。アルコールの血中濃度に比例して音が遠ざかったり近づいたりしている。近くから遠くから聞いても『Les Misé…

首吊り台の上と下が歌詞にでてくる曲

THE BACK HORNの『人間』という曲で「首吊り台の上」という歌詞があって、上があるなら下もないのかなと探していたがなくて、ついにSyrup16gの『Everything With You』で「首吊り台の下」という歌詞があった。これでようやく上下揃って首吊り台が完成した。…

新しい うた  朝まで歌われる うた

きつくてしんどくて病に等しくなっているせいか、五年振りのあたらしくてすばらしいものがすり抜けてしまっている。 ニューアルバムわからん。俺がなにかしらの機能障害の事例っぽい。Syrup16gの『Les Misé blue』を聞いている。五年振りの新作。Syrup16gは…

『明日、私は誰かのカノジョ』の五章感想追記やインタビューを読んでなどの補足記事

五章の感想の補足記事。 目次は、 ・五章が「リアリティがない」らしいこと ・明日カノを知った経緯 ・インタビューを読んだ ・俺と推し。 dnimmind.hatenablog.com 『明日、私は誰かのカノジョ』の感想を書くのがムズい。いつもならば言葉がスッと出てこな…

『明日、私は誰かのカノジョ』五章洗脳 感想

『明日、私は誰かのカノジョ』の五章はおもしろかった。 五章は、推し活、歌い手、よくないインターネットにスポットライトが当てられている。そして、その章タイトルが「洗脳」になっている。推し活したことないし、「店外はリアリティがない」という批判的…

コベニは恐怖で足をがくがく震わせながらダンスできそうですごい

『チェンソーマン』第六話がたいへんよかった。特にコベニがよかった。 俺が『チェンソーマン』第六話のコベニみたいに恐怖と不安のあまりに脳がシェイクされて体が自動的に震えて涙を流して歯をカチカチ鳴らすようになったきはただ何かに祈っているだけだっ…

総集編っぽい

酒を飲んでいたらいつの間にか朝になっていた。それが二日連続でつづいてしまったので開き直ってしまった。 来週はきっとSyrup16gのニューアルバムのおかげでちゃんとやれる。今週は過去一しんどそうだが来週の俺はきっとちゃんとやれている。 膨大な量の目…

こんにちはベイビー

なぜだか分からないがどのような自分だとしても開き直れてしまいそう。そのようでしかなかったと思ってしまう。 せめて人の役に立たないといけないという強迫観念があるので為になる情報を書くと、「うたわれるもの」シリーズはスマホのアプリで無料でシナリ…

ラッキー

酔いつづけるのが上手くなりすぎてしまった。軽く十時間以上は酔っているっぽい。その二倍かもしれない。わからない。 泥酔し、すでに明日を落としているっぽいので、明日はおそらく休日になるだろう。 簡単に休日にできるような職には社会的地位も持続可能…

ハッピー

アルコールを大量に摂取すると時間感覚が消滅する。そもそも時間というのは人間が熱力学の第二法則を「発見」してしまう錯覚でしかない。って本に書いてあった。 ブログのタイトルを付けて消した。適当に付け直した。タイトルでアクセス数は変わるというが、…

泥酔し、のちに気絶する part2

Flying Lotusの『You're Dead!』 を聞きながら書いている。二十五歳以降ならば人生でもっとも多く聞いたアルバムと断言できる。 もうだいぶ前だが、このアルバムがトリップしている状態でどのように響くのか気になる一心で生まれてはじめてODを試してみた。…

泥酔し、のちに気絶する

休日の息抜きといえば、安酒で泥酔し、意識が曖昧になりつつあるなかで、あえて脳をフル稼働させて理性を保つという遊び。 壱百満天原サロメの百満点ラジオ#2で語られていた「すべて性行為の暗喩に見える米津玄師のPV」は『MAD HEAD LOVE』に違いない。手と…

「小学生もおっさんも遠慮しないで同じゲームで遊ぶ」という光景

さっきまで11歳と31歳が味方同士でスプラトゥーン3の対抗戦をやっている配信を流し見していた。 どのギアの組み合わせが強いか、どういう立ち回りにするか、そのような話を遠慮なくし合っていて、瀬戸口廉也の「小学生もおっさんも遠慮しないで同じゲームで…

一方で「好きな漫画家はあまり有名になって欲しくない」はなさそう

・好きな漫画家はあまり有名になって欲しくないと思ったことはない ・有名人気漫画家になったモリタイシ先生(なぜか敬称を付けてしまう) の話。 「好きなバンドはあまり有名になって欲しくない」系話題はよく目にする。曲にもある。そういう系の歌詞を含ん…

総障害者化、自己責任、決定論、椅子取りゲーム

「精神障害者」という字面は強い。成り行きでそうなった身からすれば、手帳を習得するかどうかの違いしか感じなかったが、この感じ方はおそらく一般的ではないだろう。 障害について様々な著書を出している熊谷晋一郎はコロナによって「総障害者化した」と発…

整理ができない人に収納グッズを買わせない方がいい一例

ADHDの人への「べからず集」 ●整理ができない人に収納グッズを買わせない 『明日からできる大人のADHD診療』 P105 おれの部屋にはインテリアが趣味だった頃(五年以上は前)に購入した、収納グッズが多量にある。 まず、FellowesのBANKERS BOXが十五個ある。…

夜明け前

だらだらとゲーム(サーモンランもしくはノベルゲーム)をしたり、下書きを読み返しては推敲して公開したりしていたら、もう朝になりそうだ。 いま現在、躁のようななにか、俺が勝手に「脳の亢進化」と呼んでいる状況になっている。 こうなると、焦燥感に煽…

ちゃんとした文章が書けるようになりたかった

だいぶ前に書いたやつ。 「当事者エッセイの文章がうますぎて気に入らない」というような、読者感想文で褒められたこともなく、なぜか勉強はしてないけど国語の成績だけはよかったわけでもない俺の、ただの妬み僻みでしかない記事。 ちゃんとした文章が書き…