単行のカナリア

スプラトゥーン3のサーモンラン全ステージ野良カンスト勢です!

俺は『明日、私は誰かのカノジョ』の前川正之について語りたい

 あなたはサイコミの人気マンガ『明日、私は誰かのカノジョ』の第一話に出てくる前川正之というキャラクターを知っているだろうか。もし知らないならば、無料公開されている一話のリンクを張っておくのでよければ読んでみてほしい。

 ちなみにこの記事は、四千字ほど前川正之について書いている。彼のネタバレはあるがそれ以外のネタバレはないと思う。

cycomi.com

 前川正之を一言で表すと、『明日、私は誰かのカノジョ』に登場する彼女代行サービスの模範的利用者だろう。今のところ、マンガ内ではそれ以上の役割を担ってはいない。というか、もう彼は出てこない。出番がない。

 正之さんは物語の導入のために「よくいる客」という風に登場する。

 俺は『明日、私は誰かのカノジョ』のほとんどのキャラクターに好感を持っている。気持ちがいいキャラクターばかりだと思う。正之さんもその一人。まあ他に魅力的なキャラクターが多いので、好感度でいえば下から数えたほうが早いくらいだけど、第三章で出てくる名前すら憶えていないソフトモヒカンのおっさんよりかは好きなキャラに違いない。

 このマンガでは、彼女代行サービス、パパ活マッチングアプリ、ホストなど、「偽りの人間関係」「時間限定の愛」が商品やサービスなどが舞台になっている。そこでは必然、見た目の良さや器量の良さが換金可能な資源となる。いってしまえば、それを持ちあわせていないと主要な職も役も割り当てられないし、出番もあまり増えない。正之さんはそうではないから、脇役の立場からはみ出すことはない。

 しかし、正之さんは脇役キャラといえど、なにやら妙な存在感があるのだ。これは俺ばかりでなく、ためしにTwitterで「正之 幸せになって」と検索したら多くの……まではいかないけど、それなりには彼の幸せを願うツイートがある。正之さんはなにやら魅力的な人物なのだ。

 それについて考えていた。

 まず正之さんは空気が読める。相手の気持ちを慮ることができる。めでたいやつではない。身の丈を知っている。その正之さんの人物像がよく分かるのが、雪が発した無言のメッセージを、正之さんが即座に理解して適切な返答をするシーンだろう。

 俺が何度でも書くが、このシーンは『明日、私は誰かのカノジョ』の魅力が詰まっていると思う。雪が無言の微笑で「もし私とまた会いたいならどうすればいいのか分かりますか?」というメッセージを伝えている。そしてそれを正之さんはハッと理解し、今日という素晴らしい日があくまでサービスの契約の上で成りたっていたことを、ここで自覚してしまう。そしてそれでもまた「会いたい」となり、そのために自分がどうすればいいかを答え、雪から「嬉しい!」と正解を引きだすことになる。……なんて高度なコミュニケーションだ。俺だったら正解が分からずに振り落とされてるだろう。あと、作者が絶妙な表情を描くのがうまいのがこのシーンで思い知った。

 上の画像の正之さんが「会いたいからまたお店に連絡して予約入れるわ」と言うときの手を見てほしい。人間はそうそうTシャツがくしゃっとなるほど握りしめることはない。正之さんは一体どのような気持ちでその言葉を口にしたのだろうか。雪とまた会いたい。しかしそれは偽りの関係とは分かっている。それでも今日のようなまた甘い一時を味わいたい。期間限定のカノジョになってもらいたい。おそらくそういった葛藤のなかで、正之さんは「心臓を掴まれ」ような思いをしているのだろう。今、そこで。

 正之さんは、『明日、私は誰かのカノジョ』で、彼女代行ヘビーユーザーの「典型的な人物像」として描写されている。物語の導入のために。雪も典型的なユーザーとして扱っている。しかし、その上で、なにやら個性があるのが正之さんだ。

 正之さんの初登場シーンでは、軽い気持ちで彼女代行サービスを利用したら雪のあまりのかわいさに動揺し、事前に用意したであろう「初めてこんな店利用したわ……友達から聞いて一回試してみようと思って彼女をレンタルしたとかも話のネタにもなるし?」というセリフをつらつらと語りだす。もちろんこの嘘は見透かされているのだが。で、雪に「ありがとう」と手をそっと握られると、正之さんはビクッとし、思わず「すごいわそのプロ根性」とかやや酷いことを言ってしまう。おそらく、このやり取りは雪がカノジョをやっているときのよくある出来事のようで、雪の完璧なマニュアル的対応に返り討ちにされてしまうという。それを真に受けて、正之さんは後悔する。

 というか、雪が働いてるレンタル彼女サービスは、四章でそれなりの高額店で研修期間も長いと描写されるので、客対応マニュアルは相当にぶ厚いと予想される。

 そして、正之さんは、雪の「そういう話しないで……」の軽いジャブから「私は正之さんの彼女でしょ?」という決め台詞で、ついには完全にノックアウトされてしまう。この台詞は、「今日は私はあなたのカノジョ(契約上のかりそめの)」「彼女にはそんな話をしないでしょう」と色々な含みがありそうな言葉だと感じた。

 で、結局、正之さんは雪に「リピート見込みあり」と判断されてしまうのだ。そりゃあ、正之さんがぞっこんになってリピートするのは何もおかしくない。相手が強かったんだ、相手が。次のシーンで、こっそり正之さんのスペックが明かされるのだが、それが妹ロリ系が好み、SEの仕事、喫煙者、姉がいる、声優オタクといったもの。正之さん、妹ロリ系が好みで声優オタクだったんだ。てか喫煙者なんだ。あと明日カノはLINEの文章とかもぼやかしながらも読むことができるし、ほんとに細かいと思う。

 ここから、ここからが彼がただの脇役ではなく、俺のなかで「正之さん」になんですよ。雪は、正之さんとの一日を振りかえって「後はいつも通りの流れ…三、四回目ぐらいで、ただデートをするだけじゃ満足できなくなって、本気で好きになったとか、お店を通さないで会いたいとか言ってくる」と今後について予想する。

 でも、正之さんはそうしない。いや、そうできないのだろう。

 正之さんは懲りないやつでもないし、おめでたいやつでもない。そのような軽率な振舞いはおそらくできない。だから、時に叶えられない願いを胸に秘め、ひとり泣いてしまうことだってある。

 正之さんが、この愛が叶うことがないとさめざめと涙を流すシーンは心にくる。(まあお店を通さないで会いたいと言って初回のように釘を刺されてしまった可能性も残されているが)。正之さんはインスタ映えしそうなスポットで撮った画像を待ち受けにしつつも、それが金を媒介にした偽りの関係性なのは分かっているに違いない。それでも昂る思いを抑えきれずに「雪っ……!」と慟哭してしまう。一万円札の中でのみ存在を許される、あまりに儚い関係がそこにある。届かない恋をしている心が鏡に映し出される日はやってこないのだ。

 そして、これ以降、正之さんは『明日、私は誰かのカノジョ』という舞台の上で割り当てられた役をこなし、静かにステージから去っていく。

 なんつーか、やりきれない。雪が壮太のことを「懲りないやつ」「おめでたいやつ」と思うが、その点で正之さんは対極の存在といってもいい。凝りているしおめでたくもない。でも、だからこそカノジョといつまでも別れることができないし、軽率も振舞いもできない。別の恋人を作って懐かしい思い出になる、なんてことにはしばらくはなさそうだ。

 俺は『明日、私は誰かのカノジョ』で冷徹なマンガだなーとつくづく思う。残酷ではないのよ。もしこの物語を残酷というのならば、それは社会構造が残酷なだけだろう。資本主義リアリズム、アテンションエコノミーとかそういう感じで。それぞれのキャラクターが社会のルール内で、生活や快楽のために人間関係を売り買いしているだけで、やるせなくなってしまう物語だ。誰が悪いとはあまりなく、ボタンの掛け違えがある。そもそもマンガ内では遵法精神に欠けてるキャラクターってほとんどいない。まず人間を奸計をもってして搾取するようなキャラクターなんてのもいない。だから、俺は冷徹なマンガだなーと思っていて、正之含めてみんないいキャラクターだなあと思いつつ、またなんかやりきれねえなとか感じてしまうわけだ。

 まあ、そういうの全てひっくるめて、『明日、私は誰かのカノジョ』は「面白い」ってなる。こういう人間ドラマが最高に面白いから十巻の続き読みたくてしょうがない日々になり、この記事のように正之さんについて書くことになる。

 

 あと余談。「担当ぴ」について調べていたら、面白いYahoo知恵袋の回答があったので紹介しときます。「風俗嬢の多くがホストクラブにハマってわけではなく、話が逆で、ホストクラブに行くために風俗をしている子が多い」という説明はしっくりきた。これは実情なのかは分からない。そもそも水商売の世界は建築とかライン工とかやってる肉体労働者の俺にはよう分からん世界だ。だから内情は知らない。このマンガ、女性のファンションやコスメについて詳しければもっと楽しく読めるんだろうなとは思ったが、付け刃の知識はあんま意味なくてやはり見聞きした体験があってこそさらに楽しめるのだろうから、まあそれはしょうがない。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 ほんと『明日、私は誰かのカノジョ』は面白いマンガだよなあ。俗にいう人間への解像度が高いマンガだろう。俺は人間がよく分からないけど。そのせいで、俺はちょっとだけ正之さんについて語るかーって思って書き始めたら、こんなに長くなってしまったんだが。

 

 俺も正之さんにならって「夜勤明けの空をおすそわけ」。

 追記。三章までじっくり読み返したら、わりとちょくちょく正之さん出てきた! そしていつも通りに優しかった! というか今の今まで正之さんを「客」として認識していたせいで正之さんの出演に気づかなかった……。読み返すたびに発見あって面白い……。明日カノはあまりに面白すぎる……。