単行のカナリア

感じて想する

THE BACK HORN「シリウス」 感想


※ひとりのファンが興奮してギャーギャーと書き殴っている記事です。レビューは後日に書こうと思っています。こういった感想は初めて聞いて興奮している時にしか書けないと思うので。

シリウス(初回限定盤)
シリウス(初回限定盤)

シリウス

 やべーこれはかっこいい! バックホーンならではの癖がありつつストレートにカッコいい。そこまで鮮やかさはないけれど、力強さでいうなら格別じゃないかな。それに切実で確かなメッセージのわりには、ダイナミックなキメの多さや、唐突な変拍子などのフックの多さがこれまたいい。やはり癖があるというか、シンプルにはまとまらない。これぞバックホーン!

 でもひっくるめて聞いたらストレートにカッコいいって印象なので、そこらへんのバランスはしっかりしていると思う。相変わらずベースがマニアックなことをやっているけど、それもメインではなくてあくまで引き立て役って感じで。というかベースすごい。それにしっかりとボーカルの歌を聞かせてくれるところはぶれていない。その上でサウンドはますます洗練されていっている感覚で、特に激しさの表現が深化していっていると思ったり。つまりカッコいいということ。

 んでもって詞が素晴らしい。虚無感、無力感から逃れようと必死であがいていて、大切な思いが揺るぐことがないように訴えている。それからラストの盛り上が り。「命は命を育て」る営みの優しさ、「命は命を食らい」という非情さ、「命は命を叫び」たくなる衝動さ、そして「命は一人じゃ生かしきれない」という結論。以前までは「一人は素晴らしい」と思っていた私なんですけど、菅波栄純がインタビューで挙げていた内田樹の「一人で生きられないのも芸のうち」という本を読ん で考えが少し分かりました。なので私にはこの言葉は大きな意味を持って響いてきますね。特にこの言葉は何度も聞いて噛みしめたいものです。



一つの光

 カップリングもなかなか。「一つの光」は罠のカップリングの「真冬の光」をブラッシュアップさせたような出来。これは真っ当な進化だと思う。イントロが面白くて、ギターが気持ち悪い個人的にはサビがたまりません。いいメロディー。一つの光の「死ねばいいのになんて言わないで」という印象的な歌詞は、真冬の光の「お前なんて死ねばいいとささやく声」のアンサーともいえそう。こういったハードな曲はライブでこそ映えるってのは分かっているので、そのうちライブで聞いてみたいですね。優しい詞なのに覚悟を問いていて、これもまたいい詞だと思いますね。



クリオネ

 そして「クリオネ」じつに爽やかで健やか。ちょっと戸惑ったもののやっぱりいい感じ。「強すぎる想いは時々体も心も置いてきぼりにするから」って詞があるんですけど、たぶんポイントはシリウスであんなに強い音楽を鳴らしおいてのこの詞ということ。なんというか強い思いだけではやっていけないってことですかね。といっても穏やかな日常を愛そうとする詞からは、彼らなりの優しさだけでなくて確かな思いの強さも感じたり。実際にライブで聞いたときはもっとずっしりきましたが、こうして聞くと思った以上に爽やかでした。化粧品のCMソングにばっちり。 



舞い上がれ

 さいごは「舞い上がれ」バンドバージョン。私は受験生のときこの曲を支えとしていて大学に落ちました。そのせいでわりとトラウマとなっている曲で久しぶりに聞きました。マニアックヘブンのDVDでも聞いていたけど。いってれみば応援ソングってやつなんでしょうが、その応援のしかたがバックホーンらしいですね。

 こんなこと書きつつ実は「なにがどうバックホーンらしい」と説明するのは難しいんですが。この曲に関してのバックホーンらしさというのは「過酷さを噛みしめて力強さを歌う」といったところでしょうか。苦境に寄り添う感じで。それにしても受験生のときは本当に励まされた。落ちてなかったらたぶん最高の思い出の曲だったのでしょう。なんか勿体ないことをしました。




 
 およそ一年ぶりの新曲の「シリウス」 最近のシングル曲の中では断トツで好きです。イントロのギターサウンドの歪みっぷり。この迫力なんてもう最高ですし、間奏のベースを軸にした一体然とした演奏だって熱い。それでいて訴えかけてくる詞と、なんといっても山田将司の歌ですよね。サビの「告げたサヨナラは数え切れなくて」ってところの叫びがまあカッコいいのなんの。別にシャウトでもないし、以前のようにがなっていないんだけど、叫びの響きからやるせなさが伝わってくる。感情を込めて歌っているってのはどのアーティストもそうでしょうけど、山田将司の歌は「切なさ」とか「やるせなさ」とか、かすかに立ち上がる感情を増幅させるのが上手いなーと感じましたね。

  

 カップリングもなかなかでしたが、やっぱりシリウスが素晴らしいかと。このシングルはリリース期間をみてもバックホーンにとって大事な曲ってのは明らかで、それがこの「シリウス」に凝縮されているってのは一人のファンとして満足がいくものでした。あらためて私はTHE BACK HORNを好きだということが分かりました。大 満 足。