単行のカナリア

感じて想する

VOCALOID

the cabsへのリスペクトと回帰する学年 やまじ(チロP)「RYUNEN OR DIE!!」

おそらくこの記事を目にした人は、下に貼ってある動画の奇妙なサムネイルをクリックすることをためらうだろう。だが願わくば、その葛藤を乗りこえてクリックしてみてほしい。 【鏡音リン】 RYUNEN OR DIE!! 【オリジナル】 たまに〇〇風のVOCALOID曲を探しも…

coaltar of the deepersっぽいvocaloid曲を集めてみました

coaltar of the deepersっぽいvocaloid曲をあつめてみました。正真正銘のオマージュの曲もあれば、かすかに影響を感じる程度の曲もあります。いずれにせよNASARASAKIへのリスペクトに溢れている曲をまとめました。ちなみに今回紹介する曲の作曲者はほとんど…

永眠催促子守唄  盛るP/「初音ミクは歌うために生まれてきた。」

新カテゴリ「VOCALOID・インディーズ」を作りました。 ニコニコ動画・Youtubeで公開されている楽曲の中から、VOCALOIDやインディーズに限定して気に入った楽曲について語ろうというカテゴリです。作曲者にリスペクトを込めて。 盛るPの「初音ミクは歌うため…

言葉を捨てて愛を歌う  米津玄師 「ViVi」

「愛しているよ」のその一言で。 米津玄師「ViVi」 諦観というのは美しい感情。「ViVi」は「言葉では表現することができない」といった諦観に立脚しています。日常的な場面はおいといて、別れのときや、出会いのときなどの大切な場面においては、自分の気持…

血液に沁みこむ珠玉のシューゲイザー   ノイズP「Blood Music」

前々から、ドリーミーなシューゲイザーサウンドと、初音ミクの細くてキュートなボーカルの親和性を感じていました。そして、このノイズPさんの待望の新作である「Blood Music」を聞いて、この組み合わせはあらためていいなと感じました。というか、この楽曲…

オルタナティブゆるふわロック 石風呂「ゆるふわ樹海ガール」

ボーカロイドに浸る日々。コメントは消して映像と睨めっこしながら聞いています。これまで俺はボーカロイドはオシャレすぎるから俺には合わないな、という偏見からあまり聞いていこなかったのですが、それはやっぱり俺の偏見のようでちょっと視野を広げれば…

真夏の酸鼻 じん(自然の敵P)「カゲロウデイズ」

THE BACK HORNを敬愛する、しかも、ミスターワールドやセレナーデが好きな「じん」という名のボーカロイドの作曲者がいると聞いて、さっそく飛んで聴きにいってきました。案の定、俺は彼の曲を気に入ってしまったのでレビューを書かせてもらいます。タイトル…

フリーでダウンロードできる極上のアンビエント音源 antihoney

http://antihoney.com/music.html

白昼夢の軽音楽部  シャルロ「放課後ティーブレイク(けいおんREMIX)」

シャルロ「放課後ティーブレイク」 なんだろう。なんといえばいいのだろう。 サンプリングの手法自体はそう珍しくないと思うのだけど、「けいおん」のほんわか世界観をベースしてこういったハードなアレンジをしているせいか、独特で奇妙な感覚を覚えます。 …

シラミレミ/風呂埋葬P

==== Syrup16gをこよなく愛する風呂埋葬P。楽曲の節々にもその影響を見られるが、空間系エフェクターを使いこなした儚くて浮遊感のあるメロディー、サウンドはオリジナルの世界観を確立している。Syrup16g好きのP(ボーカロイドの作曲者の名称)でおなじみの…