単行のカナリア

スプラトゥーン3のサーモンラン全ステージ野良カンスト勢です!

Syrup16g

syrup16g tour 「Les Misé blue」大阪公演 @Zepp Namba 2022.12.3

syrup16gのライブに行ってきました。五年振りの新作アルバム「Les Misé blue」リリースツアーで大阪公演は三年振りとなるらしい。会場はZepp Namba。 新作『Les Misé blue』は凝ったアレンジや細やかな音作りのアルバムに仕上がっている。だからこそライブで…

Syrup16g『Les Misé blue』 全曲感想

Syrup16g『Les Misé blue』全曲感想。 結局、俺は「いい」を色んな言葉で言い換えているだけ。「いい」を余計なもので彩っているだけ。俺はたったいま酒乱で頭の中は治安が悪い地域の排水溝みたいになっていてそこに見つけた言葉をせっせと拾い集めてパッチ…

Syrup16gについて書こうとすると気持ち悪い文が書かれてしまう

酔っているときに書いたものは酔っていないときに読み返すと気持ち悪くて面白いのでやってしまう。 Syrup16gの『Les Misé blue』の全曲感想をコツコツと書いている。楽しい。いろんな言葉が溢れてくる。感傷や憐憫というような、お一人様専用の感情が迸って…

朝まで聞く うた

俺に必要だったのは、3mgの睡眠導入剤を飲んでも眠れなくてしんどくなってきて酒を飲んでしまってますます寝れなくなって後悔して運が悪いときはフラッシュバックしてさらに運が悪いとパニック発作になってついには朝焼けがカーテン越しに差しこんでさらにし…

友達みたいな言葉をもらった!

Syrup16gの『Les Misé blue』ですばらしいサウンド付きで友達みたいな言葉をもらった!もうずっと好きなバンドのニューアルバムで友達みたいな明け透けで冷たくて温かくてユーモアもあってシリアスでもあって適当そうで適当そうじゃないすばらしい言葉をもら…

『Les Misé blue』では『深緑の Morning glow』が一番好き

熟慮の末、『Les Misé blue』の曲のなかで『深緑の Morning glow』が一番好きという結論に至った。 いろんな表情を持っていてそのどれもがいいし、いずれも違う表情をしているのでそれぞれの表情が引き立っていい。ふざけた言葉遊びと琴線ド真ん中ストレート…

「人は一人逃れようもなく」の惑星から脱出したっぽい

五十嵐隆は宇宙服を手に入れて「人は一人」の惑星から脱出したっぽい。Mamaが「So lonely?」と聞かなくなったぽい。「ひとりの世界には仲間がいっぱい」の惑星に到着したっぽい。aloneでもlonelyではないっぽい。でも一曲くらいはaloneかつlonelyっぽい。 な…

近くや遠くで『Les Misé blue』が鳴っている

魔法のCD! ゆっくり少しずつといいなと思っている。繰りかえすたびにSyrup16gの『Les Misé blue』がよくなってきている。 近くや遠くで鳴っている。アルコールの血中濃度に比例して音が遠ざかったり近づいたりしている。近くから遠くから聞いても『Les Misé…

新しい うた  朝まで歌われる うた

きつくてしんどくて病に等しくなっているせいか、五年振りのあたらしくてすばらしいものがすり抜けてしまっている。 ニューアルバムわからん。俺がなにかしらの機能障害の事例っぽい。Syrup16gの『Les Misé blue』を聞いている。五年振りの新作。Syrup16gは…

syrup16gが5年ぶりのアルバムを勤労感謝の日にリリースするようで

natalie.mu まず嬉しい。syrup16gが5年ぶりのアルバムリリース。なんて嬉しいニュースだろう。 syrup16gを好きになってからというもの、好きなバンドが新譜を出すというニュースに、いちいち嬉しい気持ちにさせられている。 こういう出来事は、一体これで何…

くだらない自分というものと何とか折り合いをつけなければならないよ、それが人生だよ、という歌

岸政彦の『断片的なものの社会学』で以下のような文章があった。 何も特別な価値のない自分というものと、ずっと付き合って生きていかなければならないのである。 かけがえのない自分、というきれいごとを歌った歌よりも、くだらない自分というものと何とか…

『キラ☆キラ』の「どことなくユーモアがあっておもしろい曲」でSyrup16gが思い浮かぶ

瀬戸口廉也が脚本を手掛けた『キラ☆キラ』というノベルゲームにこのような会話のシーンがありました。 「じゃあ、前島さんはどんな曲が好きですか?」 「俺は、どことなくユーモアがあっておもしろい曲が好きだな」 「ユーモア、ですか?」 「うん。別に笑え…

Syrup16g全曲レビューおしまい

『水色の風』のレビューを書き始めてから、もう5年ほど経つ。書いては消し、書き足し、そうしてパッチワーク化した文章は時間が経ってから読みかえすと酷い有り様になっていて、すべて消しまたはじめから書き始める。それで、かれこれ5年くらい経ってまだ書…

2022年に投稿された「HELL-SEE」のレビュー/Syrup16gは〇〇ではない/解釈の正しさって/語りを誘発するもの他

・2022年に投稿されたSyrup16gについてすばらしいレビューを読んだ。 ystmokzk.hatenablog.jp ・俺含めて死ぬほど好きな人が沢山いるだろう作品の「HELL-SEE」について、制作背景やコード進行、楽曲構成、さらに歌詞にまで言及した、アルバムを細緻に読み解…

Syrup16gの歌詞についての音楽文

ongakubun.com 音楽文というロッキング・オンが運営している読者投稿型レビューサイトがある。 俺もこのサイトにSyrup16gについてなんか投稿したいと思って書きはじめたものの、そういえば雑誌にSyrup16gに関する記事が掲載されたときに『音楽と人』はいつも…

Syrup16gの曲レビュー 「バリで死す」

coup d'Etat【reissue】 アーティスト: syrup16g 出版社/メーカー: DAIZAWA RECORDS/UK.PROJECT 発売日: 2010/10/27 メディア: CD 購入: 1人 クリック: 15回 この商品を含むブログ (5件) を見る Syrup16gの曲レビュー 「バリで死す」 当時、予備知識なく歌詞…

Syrup16g全曲レビューではない 「生きているよりマシさ」

Syrup16g全曲レビューではありません。正直なところ、この文章を書いたときの記憶がないし、やたら長い上に限界オタク的文法を使ってて読みかえせなかった。しかしこんだけ長ければきっといいことが書いてあると思われる。保証はできない。「生きているより…

Syrup16gの曲レビュー「空をなくす」と無力感/ソラナックス

coup d'Etat【reissue】 アーティスト: syrup16g 出版社/メーカー: DAIZAWA RECORDS/UK.PROJECT 発売日: 2010/10/27 メディア: CD 購入: 1人 クリック: 15回 この商品を含むブログ (5件) を見る Syrup16gの曲レビュー「coup d’Etat~空をなくす」。先に書い…

Syrup16gの曲レビュー「遊体離脱」

coup d'Etat アーティスト: syrup16g 出版社/メーカー: DAIZAWA RECORDS 発売日: 2019/06/01 メディア: MP3 ダウンロード この商品を含むブログを見る Syrup16gの曲レビュー「遊体離脱」。幽体離脱、ではなく。 「人が本気で傷つくときって、恋愛のときじゃ…

Syrup16gの曲レビュー「My Love's Sold」

coup d'Etat アーティスト: syrup16g 出版社/メーカー: DAIZAWA RECORDS 発売日: 2019/06/01 メディア: MP3 ダウンロード この商品を含むブログを見る Syrup16gの曲レビュー「My Love's Sold」。メジャー1枚目のアルバム「coup d'Etat」の1曲目(再発盤では2…

Syrup16gの曲レビュー「生きたいよ」

coup d'Etat アーティスト: syrup16g 出版社/メーカー: DAIZAWA RECORDS 発売日: 2019/06/01 メディア: MP3 ダウンロード この商品を含むブログを見る Syrup16gの曲レビュー「生きたいよ」。 「生きたい」と書いている言葉の石の裏をめくってみると、そこに…

syrup16gの話集/spotifyで人気の曲、reisue盤の構成についてなど

いずれにせよ。1. Spotifyにあるsyrup16gの人気の曲のなかに、面白い曲が混じっていた。 不眠症。他の曲はカバーされたり新曲だったりするなかで、「不眠症」がランクインしているのが興味深い。たしかに「不眠症」はすばらしい曲だし、当の私も10年以上のス…

詐欺の日。syrup16g Tour 2019 【SCAM : SPAM@大阪BIG CAT 2019.10.25

syrup16gのライブに行ってきました。参加したのは、syrup16g Tour 2019【SCAM : SPAM】、大阪BIGCAT講演の【SCAM】。不注意によって二日目のチケットは入手失敗したので参加したのはこの日のみ。 まだセトリを知らない人は知らない方が楽しめるのかもしれな…

Syrup16gの曲レビュー「天才」

Syrup16gの曲レビュー「天才」 Syrup16gの曲、思い入れがありすぎて聞いていると冷静でいられくなって、過去の思い出と密接に絡みすぎて言葉で切り離せない曲があるんだけど、「天才」もまさにそれ。かつて「炭鉱のカナリア」というブログタイトルで、このと…

Syrup16gの曲レビュー「神のカルマ」

Syrup16gの曲レビュー「神のカルマ」。 Syrup16gの曲、思い入れがありすぎて聞いていると冷静でいられくなって、過去の思い出と密接に絡みすぎて言葉で切り離せない曲があるんだけど、「神のカルマ」はまさにそれ。ほんとこの曲は思い入れと思い出がありすぎ…

Syrup16gの曲レビュー 「Drawn the light」

Syrup16gの曲レビュー「Drawn the light」。 近年のライブで定番曲になりつつある「Drawn the light」。「死にたくない!!」の絶叫や硬質なギターバッキングがリードする、屈強なバンドアンサンブルは盛りあがらないわけがなく、ライブでたびたび演奏される…

Syrup16gの曲レビュー「(I can't) Change the world」

唐突に再開するSyrup16gの曲レビュー「(I can't) Change the world」。 広い普通の心をくれないか タイトルの壮大さに比べると、歌詞は日常のなかで展開される悲しさや願いで占められている。半径数メートルに収まってしまうような世界であり、その世界です…

Syrup16gの曲レビュー 「君待ち」

Syrup16gの曲レビュー「君待ち」。 「君待ち」の魅力を一言で表すならばコーラスでしょう。 Syrup16gの曲は中畑大樹さんのコーラスがポイントの一つで、「君待ち」では贅沢なほどに間奏、メロやサビで重ねられています。この曲に至ってはもはやひとつの楽器…

Syrup16gの曲レビューRe:Re: 「イマジン」

前回のSyrup16g「イマジン」のレビューを補足。というか掘り下げる。8年前にレビューを一度書き、昨日二度目のレビューを書いた曲について書き足りなかったのでさらに。 Syrup16gで一番聞いた曲は「末期症状」とかつて書いた。おれは「末期症状」の「ちゃん…

Syrup16gの曲レビューRe: 「イマジン」

再Syrup16gの曲レビュー 「イマジン」。8年前に書いたレビューはこちらです。 2003年12月17日に発売されたシングル「My Song」に収録されています。 「色褪せない名曲」という謳い文句があります。時代の経過によってもその価値が変わることなく輝きつづてい…