単行のカナリア

スプラトゥーン3のサーモンラン全ステージ野良カンスト勢です!

マンガ

『明日、私は誰かのカノジョ』の五章感想追記やインタビューを読んでなどの補足記事

五章の感想の補足記事。 目次は、 ・五章が「リアリティがない」らしいこと ・明日カノを知った経緯 ・インタビューを読んだ ・俺と推し。 dnimmind.hatenablog.com 『明日、私は誰かのカノジョ』の感想を書くのがムズい。いつもならば言葉がスッと出てこな…

『明日、私は誰かのカノジョ』五章洗脳 感想

『明日、私は誰かのカノジョ』の五章はおもしろかった。 五章は、推し活、歌い手、よくないインターネットにスポットライトが当てられている。そして、その章タイトルが「洗脳」になっている。推し活したことないし、「店外はリアリティがない」という批判的…

一方で「好きな漫画家はあまり有名になって欲しくない」はなさそう

・好きな漫画家はあまり有名になって欲しくないと思ったことはない ・有名人気漫画家になったモリタイシ先生(なぜか敬称を付けてしまう) の話。 「好きなバンドはあまり有名になって欲しくない」系話題はよく目にする。曲にもある。そういう系の歌詞を含ん…

思わず親戚の顔になる 相田裕の『1518! イチゴーイチハチ!』を読み返す

1518! イチゴーイチハチ!(1) (ビッグコミックス) 作者:相田裕 小学館 Amazon あまりに外が暑くて出かける予定を取り消し、GUNSLINGER GIRLで有名な相田裕の『1518! イチゴーイチハチ!』を読み返していた。ざっくりいえば、真面目に生徒会活動をやって…

『明日、私は誰かのカノジョ』三章 長文感想

長い。 『明日、私は誰かのカノジョ』はすごいマンガだ。このマンガはすごい。俺そう実感したのは、三章を読み終えたときだった。一章、二章は中々おもしろいマンガという感想だった。しかし、三章はどうだ。まず、俺が知らない用語がいっぱい登場する美容整…

『明日、私は誰かのカノジョになる』二章~致死量の自由~ 感想

『明日、私は誰かのカノジョになる』の感想をもう書かないというのは嘘で、今回は二章の感想を時系列のままに箇条書きで書く。なにせ最近の俺とくれば、明日カノについてしか考えていない。関西のレンタル彼女サービスのサイトをいろいろ見て回っていたらレ…

俺は『明日、私は誰かのカノジョ』の前川正之について語りたい

あなたはサイコミの人気マンガ『明日、私は誰かのカノジョ』の第一話に出てくる前川正之というキャラクターを知っているだろうか。もし知らないならば、無料公開されている一話のリンクを張っておくのでよければ読んでみてほしい。 ちなみにこの記事は、四千…

『明日、私は誰かのカノジョ』1巻 「本当の私」についての話

明日、私は誰かのカノジョ(1) (サイコミ×裏少年サンデーコミックス) 作者:をのひなお 小学館 Amazon 『明日、私は誰かのカノジョ』1巻のネタバレ有り。感想はもうすでに書いているので今回は「本当の私」についての考察。 結論から書けば、全然まとまって…

俺は『明日、私は誰かのカノジョ』の四章を読んでやりきれない気持ちになった

『明日、私は誰かのカノジョ』がめちゃくちゃ面白くて三章もヤバかったが四章はもう最高なんだが! 明日、私は誰かのカノジョ(5) (サイコミ×裏少年サンデーコミックス) 作者:をのひなお 小学館 Amazon ざっくりとした感想を書き残したい。少しだけネタバ…

沈黙という雄弁な言葉『明日、私は誰かのカノジョ』Episode 01 Killing me softlyを読む

cycomi.com 『明日、私は誰かのカノジョ』は、俺がめっちゃ好きなタイプのマンガなのに今の今まで知らなかった……。タイトルとあらすじをパッと見て、てっきり「彼女レンタルサービスを利用したことをキッカケに次第に仲良くなっていくタイプのラブコメ」だと…

「ふたりモノローグ」の異様な語彙力による、愛のモノローグを浴びてほしい

異様な語彙力によるモノローグを堪能できる「ふたりモノローグ」を紹介します。全六巻。完結済み。 ツナミノユウ@tsunaminozazen 隣のギャルが実は小1のとき喧嘩別れした親友だった① https://t.co/VVaMn9thrh 2018/12/14 21:17:37 モノローグの魅力 高低差の…

親と子の関係が良くない人間による親と子の関係が悪い作品語り

ツイッターで見かけた「親子の微妙な軋轢を的確に描写した男の漫画」が少ないという記事を読んで、唐突に親と子の軋轢・対立が出てくる作品について語りたくなった。 思えば、私は家庭問題をこじらせすぎて家庭問題が出てくる作品がいつからか好きになってい…

救いがない読み切り漫画「鬼」と、不幸な物語にしか共感できない「アスペル・カノジョ」の斎藤さんについて

小学館新人コミック大賞 佳作の『鬼』が凄まじい「悪意の塊のような作品」 https://shincomi.shogakukan.co.jp/viewer/84/04/402/ 話題になっていた読み切り漫画の「鬼」を読んで思いだしたのが、「アスペル・カノジョ」で出てきた主人公が描いた漫画。不幸…

阿部共実の「死にたくなるしょうもない日々が死にたくなるくらい(略)」の7話もやはり面白い

web上で連載している、阿部共実「死にたくなるしょうもない日々が死にたくなるくらいしょうもなくて死ぬほど死にたくない日々」の第7話が面白かった。その面白さがこの作家ならではと思ったのでその魅力について書きます。阿部共実@ab_t読み切り漫画を更新し…

空が灰色だから 二巻/「こわいものみたさ」のこわさの考察

いちいちキュンとしたりゾッとしたりドキッとしたりグッときたり、とにかく心がざわついてしょーがない。「空が灰色だから」の二巻はあいかわずの破壊力がある作品でした。もうこのショートに虜。 前作に比べると、今作はさらにスケールが大きくなってバラエ…

鈴木教の果てにあるホラーな正しさ  「鈴木先生」武富健治

「鈴木先生」を読み終えました。高校生のときに読んだ感想では「ちょっと面白い」だったのですが、今回の感想は「相当に面白い」でした。さらに十年後に読みかえすと、「最高に面白い」となる予感しています。鈴木先生 (1) (ACTION COMICS) ギャグマンガとか…

古谷実「ヒミズ」感想、原作で至高の漫画

すでに小説と映画の感想は書いているので、今回は漫画の「ヒミズ」の感想を書きます。学生時代に読んで以来、いまだに初読時の衝撃が抜けきらないほどに、自分の価値観に多大な影響をあたえている作品です。具体的にいえば、最近ひさしぶりに読んだときに気づ…

阿部共実「空が灰色だから」 一巻 感想

このマンガはお気に入りのブログで紹介されていて、そこでの「残念な方々のお話」という謳い文句に惹かれて購入しました。 ちなみにそのブログはこちら(空が灰色だから 1巻/阿部共実)です。「毒とペーソスが沢山詰まってる一筋縄ではいかないショートコメデ…

「ヒナまつり」 大武政夫 1巻、2巻 感想

ヤクザとサイキック少女同居生活中! ヒナまつり 1 (ビームコミックス)ヒナまつり 2 (ビームコミックス) いやーこれは面白い。ある日突然少女と暮らすことになったヤクザ。その少女は実に破天荒で無邪気でヤクザは振り回されてしまう。ってストーリーのあら…

ニッケルオデオン【赤】/道満晴明 アブノーマルに爽やかな短編集

道満晴明の短編集「ニッケルオデオン【赤】」。 ニッケルオデオン 赤 (IKKI COMIX)posted with AZlink at 2012.5.3道満 晴明小学館Amazon.co.jp で詳細を見る 成人向け雑誌で四コマを描いていることで有名(だと思う)な作家の短編集。 最近では一般…

色褪せることのない素敵な風景  天野こずえ「ARIA」

別館に書いていた記事の仕上げ。コミック「ARIA」の感想です。当時、殺し屋一やヒミズなどの陰鬱な漫画にハマっていた荒んだ時期に、評判の高さを聞いていたこの作品を自然に手に取ったのが出会いでした。どこかで癒しを求めていたのかもしれない。 「未…

んぐるわ会報/高尾じんぐ

生徒会長がちっちゃくてかわいい漫画。古本市場で全巻100円で売っていたので購入しました。全四巻です。 「それでもあたしは やっぱり生徒会に入ってよかったって そう思うんです」

3月のライオン、この漫画は心を揺さぶりすぎです!

僕がこの漫画の素晴らしさをあらためて評価するまでもなく、マンガ大賞2011大賞受賞作!、とその面白さは幅広く受け入れられているようです。なので、ひたすらその面白さを語るのみの記事です!個人的には、むしろ、今まで受賞しなかったのが不思議。だって…